ビジネスで使える汗対策

ビジネスで使える汗対策

ビジネスシーンで手軽に発汗制御ができると嬉しいですね。

一般的に発汗を抑制するには、手首、脇の下、あごの付け根といった動脈部分を冷やすのが、対策として有効とされていますね。

 

でもこれは、いつでも、何処でも、出来るわけでは有りません。
冷たいものを持ち歩くのも大変ですからね。

 

団扇や扇子も良いかもしれません、発汗は脳の温度が高まってしまうのを防ぐために行われますが、脳に近い部分を扇ぐと脳の温度低下に繋がり、発汗指令が出されるのを抑制できるのです。
そのためには、あご、首筋、脇を中心に扇ぐことが大切です。

 

「皮膚圧発汗反射」の機能を利用する方法もあるのですよ。
別名「圧発汗反射」ともいいます。

 

身体の片側に圧迫刺激を加えると、同側の発汗が減少、反対側の発汗が増加するという現象です。
両側のわき胸を同時に押すと、発汗は両側とも減少。

 

片側の胸を押してから反対側の発汗が増えてくるまでの時間は極めて短く、3秒以下。
精神性発汗(手のひら、足の裏)にも有効です。

 

圧迫刺激部位については次の通りです。
上半身では、乳頭の高さで腋窩の下の側胸部・背中が最も鋭敏。
下半身では、臀部の外側で大腿骨骨頭の部分。

 

手のひら、足の裏もいくらか敏感。
下に骨があるところが最も有効(顔面をのぞく)。

 

下半身の片側の圧迫は、臍から下だけの半側発汗をおこさせる。
圧迫刺激の面積や強さは適当であっても、結果にはそう大きく響かない。
試しに実行してみてはいかがでしょう。

 

冷たい飲み物で、暑さを紛らわす人は多いでしょう。
ただし、一気に飲むと、涼しさを感じられるのは一時だけです。

 

効果的な飲み方は、冷たい飲み物を口に含んだら、体温近くになるまで飲み込まず留めておきます。
これにより口の中や咽頭が冷たさを感知し、体温の低下や発汗の抑制が可能になるのです。

 

ビジネスシーンでは特に、屋内と屋外の激しい温度差に悩まされている人も多いでしょう。
冷房の効いた部屋に入ると汗は一気に止まりますが、身体の内部温度まで低下したわけではありません。

 

急激な汗の低下は、自律神経失調症の元になりかねません。
暑いところから冷房が効いたところ、冷房が効いたところから暑いところへの移動の際には、移動の中間に日陰や風通しの良い場所を入れるとよいでしょう。

 

少しの間ここに留まってから移動することができれば、身体の順応も速やかに行われるようになります。

 


トップページ 臭わないサプリ ワキガ対策 加齢臭対策 多汗症対策 脇汗対策