温度差による汗の対策

温度差による汗の対策

温度差による汗の対策も考えなくてはいけません。

一番はやはり、急激な温度変化を無くすということでしょう。

 

自分自身は、エアコン頼りっきり生活から脱しようとしていても、外出時の温度変化が激しい状況は沢山あります。
急激な温度変化で一気にかく汗は、質の悪い汗になる傾向があるようですし、質の悪い汗は塩分も多く含んでいるのだそうです。

 

塩分の多い汗は体内のミネラルを多く含んでいるので、そのような汗をかく人は疲れやすいようです。
質の良い汗は徐々にかく汗ですから、温度差の少ない環境で過ごすことが大事になります。

 

これは、暑い所から冷房の効いた所への移動の際にも考えなくてはなりません。
急に場所を変えるのではなくて、中間温度で過ごせる場所を作ることです。

 

時間の余裕の少ない方にとっては難しいかもしれませんが、身体が順応するまでの時間は5分程かかります。
どうしても、そんな時間の余裕なんか無い方は、「圧発汗反射」を試してみるのも方法の一つです。

 

少しの間の制汗であれば、有効かもしれません。
左右の乳頭から5cmくらい上部を親指で押すと、上半身の発汗を抑える対策になります。

 

下半身の発汗を抑えたいのであれば、ベルトの位置を下げ気味に調整し、しっかりと締めるようにします
こうすることにより圧反射の作用で、制汗できるというわけです。

 

また、発汗を恐れる気持ちが逆に発汗を招いている場合もあります。
安定した精神状態を得るためにタッピングと言って、発汗が多く見られる脇の下、頭皮、首周りを指先で軽く叩いてみましょう。リラックス効果と共に制汗作用も期待できます。

 


トップページ 臭わないサプリ ワキガ対策 加齢臭対策 多汗症対策 脇汗対策