汗の臭い対策に有効な酢

汗の臭い対策に有効な酢

皆さんはもう酢が身体に良いことはご存知ですよね。

実は身体に良いことの一つになるのでしょうが、汗の臭い対策にも役立つようなのです。

 

この酢の利用の仕方に2種類あるので紹介します。
一つは皮膚から取り込む、もう一つは直接飲むことです。

 

○皮膚から取り込む方法は、汗腺を鍛えるための手足高温浴や半身浴といった方法です。
手足高温浴では43〜44度のお湯に酢を入れて使用するのです。
浴槽の三分の一位にお湯をため、100〜150ml(cc)のクエン酸を入れます。

 

10〜15分程浸かっている間に開いた汗腺から酢の成分が浸透していくのです。
浸透したクエン酸の作用で、嫌な臭いの原因となる乳酸が分解されるのを抑制することが可能になるとされています。

 

クエン酸は皮膚の表面を弱酸性に維持しますから、菌の働きを抑制することも可能になるわけです。
酢そのものも臭いがありますが、これくらいの量なら心配要らないでしょう。
どうしても気になる方は使用量を加減しつつ試してみてはいかがでしょうか。

 

○次は直接体内に取り入れる方法です。
入浴時には、入浴前、入浴中、入浴後に小まめな水分補給が大切です。
この水分補給の際にクエン酸を含んだ水分を摂取すると汗の臭い対策には有効だと言われます。

 

もっとも適しているのが入浴後の水分補給時に酢を取り入れることです。
クエン酸が新陳代謝を高め、汗腺の発汗機能を促進させてくれます。

 

飲みやすい酢としては、黒酢、りんご酢、などを水やジュースとまぜた物が飲みやすくて良いかも知れません。
りんご酢等も結構高価なので、お求め安い酢をつかって自分で作ってみましょう。

 

500ml位の米酢にりんごを2個、皮はむかず種を取って8つ切りにして酢に浸けます。
梅酒などを造るビンがあれば最高ですね。

 

甘みの欲しい方は、予め熱いお湯で溶かしておいた三温糖などを追加し、好みの味に仕上げてください。
一週間もすれば、美味しいりんご酢が出来上がります。
水などで薄めてお飲みください。

 


トップページ 臭わないサプリ ワキガ対策 加齢臭対策 多汗症対策 脇汗対策