加齢臭対策

加齢臭対策

加齢臭は汗腺との関わりが強いようです。

加齢臭の原因物質は「ノネナール」という脂肪酸です。

 

ノネナールは不飽和アルデヒドの一種であり、油臭くて青臭いニオイを有します。
ヒトの体臭中にも存在することが見出され、加齢臭との関連が研究されています。

 

ノネナールは皮脂腺の中で生成されますが、汗腺からも汗という形で出されているのです。
程度問題にはなりますが、諦めず対策を講じ、加齢臭を抑えたいところです。

 

対策の一つに腸内年齢を若くするというのがあります、いわゆる腸内環境を整えるということです。

 

乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖を積極的に摂取し、腸内年齢を若く保つののです。
そうすることで、有効な加齢臭対策になるとされています。

 

また、活性酸素は皮脂から分泌される脂肪酸を参加させ、ノネナールの生成に繋がります。
抗酸化物質を積極的に取ることも、活性酸素の発生を抑制することから、加齢臭対策に貢献できるのではないでしょうか。

 

ちなみに、抗酸化物質として挙げられるのは、ビタミンC、ビタミンEや、イソフラボン、カロテン、セサミン、カテキンなどのポリフェノール類です。
これらを多く含んだ食品としては、濃く、鮮やかな色、赤、緑、黄色、黒など濃く、鮮やかな色の食物です。沢山有ると思います。

 

また、赤ワインもポリフェノールを沢山含んでいて、良いかも知れません。
飲みすぎるとアセトアルデヒドの関係も有りますので、注意が必要です。

 

いずれにせよ、バランスの良い食事に心がけ、ストレスフリーな生活を送ることが、加齢臭対策にも繋がってくるようです。

 


トップページ 臭わないサプリ ワキガ対策 加齢臭対策 多汗症対策 脇汗対策