汗対策に有効な入浴方法

汗対策に有効な入浴方法

よく言われますが、お年寄りの方は熱いお風呂が好きだとか。

なんでこんなに熱いお風呂に入るのだろうと思っていましたが、実際に熱いのを我慢して入ってみると、さっぱりとした、何ともいえない風呂上り感があったのを覚えています。

 

しかし、これは危険ですよね。
心臓への負担が大きすぎます。

 

温めのお湯に下半身浴でゆっくり浸かる、どうやらこれが、正解ですね。
時間的には20分を目安にして浸かって下さい。

 

半身浴が何故、身体に優しいのか、理由が有ります。
それは、全身が浸かっていないという事にあるのです。

 

全身が浸かっていない、空気に触れている皮膚が多いので、発汗を妨げられず体温調整が上手くいくのです。
身体への負担が少ないのが、よく判りますね。

 

また、入浴法の一つとして「汗腺トレーニング」も挙げることが出来ます。
手足高温浴で肘より先の部分と、膝より下の部分を浸します。

 

こうすることによって、脳から遠い末梢神経が刺激され、衰退化を軽減することができるのです。
目安となる時間は5分くらいです。

 

くれぐれも、高血圧の人や高齢の人は行わないようにしてください。
また、入浴時には、180リットルくらいの浴槽に対し、大さじ1〜2杯の塩を入れるテクニックがあります。

 

塩を入れることによって、長時間浸かっていると汗腺がふやけるのを抑え、きちんと発汗が出来るようになるのだそうです。
身体を芯から温め、血行を促進させ、質の良い汗を沢山かきましょう。

 


トップページ 臭わないサプリ ワキガ対策 加齢臭対策 多汗症対策 脇汗対策