入浴時の水分補給

入浴時の水分補給

発汗トレーニングの入浴の実践には、水分補給は欠かせない、と言うお話です。

それでは、水分補給のタイミングを入浴前、入浴中、入浴後の三つに分けて考えて見ます。

 

この水分補給の目的には、のぼせを防止するだけではなく、他のところにもあるのです。
汗をかいていない入浴前にも、前もって水分補給をしておくのが望ましく

 

一般的な水道水で十分で、沢山飲む必要はありません。
次いで入浴中の水分補給です。

 

入浴中に喉が渇いてしまった場合には、ミネラルを含んだ硬水が必要になってきます。
少しずつ頻繁に飲むようにしましょう。

 

もし、ミネラルを含んだ硬水の種類で迷ったら、
「コントレックス」という硬水を選ぶと良いでしょう。

 

日本ではサントリーフーズが販売をしています。
硬度が1468と極めて高いことが特徴であり、カルシウムやマグネシウムなどの含有量が多く、またサルフェートも含有しています。

 

このような高硬度の水を飲みなれない人は、腹を下す可能性もあるので、自分に合うかどうか試しながら飲むことをお勧めします。
もう一つ、入浴後の水分補給です。

 

入浴後はミネラルを含んだ炭酸水「ペリエ、サンペレグリノ」が良いでしょう。
水質は硬水。炭酸を含む瓶入りのミネラルウォーターとしては、欧州各国で最も有名な

 

ミネラルウォーターの一つです。
きめ細やかな炭酸と、マイルドな喉ごしが特徴で、濃厚な料理やワインの口直しにも適しています。

 

このように、汗対策入浴法の際には三段階に分けて水分補給をし、更に水の種類も変えるのがベストということになります。
色々、水の種類が云々と言いましたが、手に入らなければ、普通の水道水による対策でも問題ありません。

 

ようは、喉が渇いてしまわないように、頻繁に水分補給を心がけ、入浴することが大事だと言うことになります。

 


トップページ 臭わないサプリ ワキガ対策 加齢臭対策 多汗症対策 脇汗対策