汗対策に有効なトレーニング

汗対策に有効なトレーニング

汗対策に有効的なトレーニングは有るのでしょうか。

代表的なのが有ります、汗腺を鍛えるトレーニング「汗腺トレーニング」です。

 

質の良い汗をかくために、大変有効な方法です。
汗腺トレーニングは高温で手足を温めることから始まり、温めのお湯に浸かり、発汗させていく方法です。

 

高温手足浴から微温浴の流れで、発汗を促進していくわけです。
まずは、43度〜44度と熱めのお湯に、膝から下の部分と肘から先の部分を10〜15分間浸しておきます。

 

膝と肘は同時に浸けなくてもかまいません、別々でまったく問題ありません。
楽な方法を取ってください。

 

次いで微温浴へ移ります。高温手足浴で使用したお湯を、人肌まで冷まします。
高温手足浴と違うのは微温浴は全身を浸からせるということです。

 

そうすることで、交感神経が沈静化され、副交感神経が優位になり、リラックス状態を演出できるわけです。
リラックス状態になると、どうでしょう、免疫力もアップしてきましたね。

 

汗対策のトレーニングを充分に行ったら、以降は半身浴を継続していくのが適しています。
39度〜40度のお湯で、深さは胸の下の辺りまでが良いでしょう。

 

身体にかかる負担も少ないので、長時間浸っていられるので、さらなるリラックス効果を得られるでしょう。
入浴後は汗を拭き取り、さらに汗が引くまで休憩します。

 

汗が十分乾くのを待ってから、洋服を着ることが大切です。
入浴時間の目安ですが、手や肩といった部分に小さい汗をびっしりとかいている状態になるまでといったところです。

 

発汗トレーニングが上手くいっているか、いないかは、汗の粒の大きさで判断できます。
粒が大きかったら、トレーニングが足りていないということです。
もう少し頑張ってみましょう。

 


トップページ 臭わないサプリ ワキガ対策 加齢臭対策 多汗症対策 脇汗対策